西陣 岡本 のブログ

The Wonder 500™に認定していただきました。

2016 The Wonder 500™クッションカバーと扇形バッグ

経済産業省で主導してはるThe Wonder 500™に認定していただきました。
おおきにありがとうございます。

2016 The Wonder 500™クッションカバーと扇形バッグ

2016 The Wonder 500™クッションカバーと扇形バッグ

2016 The Wonder 500™クッションカバー

2016 The Wonder 500™クッションカバー

2016 The Wonder 500™ 扇形バッグ

2016 The Wonder 500™ 扇形バッグ

The Wonder 500™は、クールジャパン政策のもと“世界にまだ知られていない、日本が誇るべきすぐれた地方産品”を発掘し海外に広く伝えていくプロジェクトです。

日本を代表する30人のプロデューサーによる“目利き”と、一般公募によって、全国47都道府県より合計500商材を選りすぐりました。

選定にあたっては、「ものづくり」「食」「観光」の分野において、「作り手の思いやこだわりが込められているもの」「日本固有のものづくり、サービスを支えている伝統的な価値観を組み合わせた革新性のあるもの」を評価しています。

ここに掲載する500商材の全てに、日本人が古来より育んできた価値観が表現されています。私たちはこの価値観が海外の方々にも伝わるよう『THE WONDER 500 STORYBOOK』としてまとめました。

500商材を通して世界中の多くの方々に、心地よい感動と驚き(“Wonder”)をお届けすることができ、1人でも多くの方に「日本へ旅したい」、「日本のものを買いたい」、「日本のものを食べてみたい」と思って頂くことができたら幸いです。

クッションカバー→http://okamotoorimono.com/juchu/cushion-cover/
こちらのクッションカバーに御興味のある方は御連絡ください。

扇形バッグ→http://okamotoorimono.com/fan-shaped-bag/

弊社は今まで何かに応募するとか、展示会(西陣織物展以外)に出す等の事には100年以上関わらずにやってきましたが、これからはどんどん外に出て京都・西陣の西陣織を広めて行きたいと思っています。
メイドインジャパンを少しでも長生きさせるよう消費者の方々の応援が大事なのですが、その応援を頂けるよう精進して行きます。
メイドインジャパン、たとえば、西陣で言いますと、西陣織を購入する(これはもちろん職人、問屋側がお客様の興味を引く美しく実用的で「欲しい!」と思える品を提供することが大事です)と喜ぶのは店だけではありません。
その紋を作ったもの、紋紙を製作したもの、織ったもの、糸を染めたもの、整経したもの、糸を巻いたもの、運搬したもの、糸を売ったもの、製糸したもの、蚕を飼って育てたもの、織り機(織り機一台にも各種職人の技が入っています)を作ったもの、織道具を作ったもの、等々各種技術職人達すべての思いがこめられています。
それはどの分野の工芸品でも一緒なのではないかと思います。特に西陣は分業が進んでいるので一枚の布に関わっている人数の多さは半端ありません。私もぱっとは数えることが出来ません。
今日本の製造業は外国の格安賃金によって成り立つファストな物に押されて瀕死です。
「あら!安い!」というのも大事な要素ではありますが、その安さは一体何故なのか、という事を一度考えていただけると物作りをしているものとしてとても嬉しいです。
でも格安店に行くと涙を流しそうになりながらも「なんでこんなに安く出来るんや・・・あ!あれもすごい!ちょ!これもほんまよう出来てるわ!」と声を出している私です。確かに営業努力、製造努力もすばらしいのですが、製造現場で働いている人は幸せなのかな。自分の作ったものが使い捨てされるような事は私にとっては悲しいです。
ということで私はどんな端切れも大事にしていきたいと日々思っています。

どうぞ、どうぞ、よろしくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

How to make Nishijin Okamoto Gold & Silk Fabric~SHORT ver

本金紙箔を作る~ LONG ver

箔糸の作り方~ SHORT ver

Google+Follow Me

PAGE TOP