西陣 岡本のブログ

きらめくクラッチバッグが ”おもてなしセレクション” を受賞しました。

おもてなしセレクション
おもてなしセレクション

おもてなしセレクション

OMOTENASHI Selection(おもてなしセレクション)とは、受け手のことを思いやる心から生まれたこだわりの技、伝統を継承しながらも現代に向けて改良を重ねる創意工夫の活動など、日本の魅力である“おもてなし”心あふれる商品・サービスを発掘・認定し、国内外に発信するプログラムです。~おもてなしセレクション)とは

弊社、西陣岡本×キタキカクの「きらめくクラッチバッグ」がOMOTENASHI Selection(おもてなしセレクション)を受賞しました。

おもてなしセレクション公式サイトはこちら→おもてなしセレクション

きらめくクラッチバッグ

きらめくクラッチバッグ

きらめくクラッチバッグ

きらめくクラッチバッグ

きらめくクラッチバッグ

きらめくクラッチバッグ

きらめくクラッチバッグの魅力「デザイン性× 創意工夫」「継続継承性」

美しさと機能性。両方兼ね備えているのが日本のOMOTENASHI。
時代が移り変われば、生活スタイルも変化していきます。
そんな時代の流れの中で、伝統工芸品も日々進化しています。
南部鉄器の炊飯ジャー、会津塗のスマホカバー、茶筒のスピーカーなど、それまで伝統工芸品にはなかったアイテムが国内外から支持を得ています。
それらは全て、現代人の生活のニーズと、伝統に裏付けされた技術が掛け合わされたものです。
日本人が得意とする、外の文化を取り入れて自国の文化に融合させ、さらに発展させるという能力のたまもの。
西陣岡本の西陣織……この美しい織物はこれまで、神社仏閣などの「日常ではない」世界のものでした。
鑑賞品であり、手の届かない存在。それだけに、世界中の人々の目を惹きつけるに値する価値があるのです。
その絹織物をドレスデザインに関わってきたデザイナーが” OMOTENASHI” という日本人の心意気でバッグへと作り上げました。
このバッグは伝統だからではなく、素晴らしいから伝えたい、との想いから生まれました。

きらめくクラッチバッグ

きらめくクラッチバッグ

全8種類です。

西陣岡本 ×キタキカク 西陣織 クラッチバッグ モンステラから南国の鳥を覗かせて

【モンステラから南国の鳥を覗かせて】44,000 円+ 消費税

西陣岡本 ×キタキカク 西陣織 クラッチバッグ モンステラの寄せリボン

【モンステラの寄せリボン】42,000 円+ 消費税

西陣岡本 ×キタキカク 西陣織 クラッチバッグ 麻文様くぐらせリボン

【麻文様くぐらせリボン】38,000 円+ 消費税

西陣岡本 ×キタキカク 西陣織 クラッチバッグ 麻文様結び風リボン

【麻文様結び風リボン】38,000 円+ 消費税

西陣岡本 ×キタキカク 西陣織 クラッチバッグ 虫文様返しリボン

【虫文様返しリボン】37,000 円+ 消費税

西陣岡本 ×キタキカク 西陣織 クラッチバッグ 虫文様真ん中結びリボン

【虫文様真ん中結びリボン】37,000 円+ 消費税

西陣岡本 ×キタキカク 西陣織 クラッチバッグ 日の出龍

【日の出龍】40,000 円+ 消費税

西陣岡本 × キタキカク 西陣織 クラッチバッグ 龍の寄せリボン

【龍の寄せリボン】42,000 円+ 消費税


株式会社キタキカク 喜多理恵 プロダクトデザイナー 桑沢デザイン研究所卒。
大手アパレル企業にてドレスデザイナーをつとめた後2015 年に自身のブランドkitakikaku を立ち上げる。
独特なパターン設計から生まれるバッグやアクセサリーは個性的でありながらエレガント。

西陣岡本 岡本絵麻 テキスタイルデザイナー 東京造形大学研究科卒。
” 金襴” という極楽を現すための荘厳布を織ってきた経緯から、その美しい絹織物を世界へ広めたいと活動中。
今までになかったデザインと配色を西陣織で表現している。

お問い合わせは株式会社キタキカク、弊社(以下のボタンをクリックしてください)へ。

“西陣織”についてのご連絡はこちらからどうぞ

おもてなしセレクション

おもてなしセレクション

おもてなしセレクション

おもてなしセレクション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

How to make Nishijin Okamoto Gold & Silk Fabric~SHORT ver

本金紙箔を作る~ LONG ver

箔糸の作り方~ SHORT ver

Google+Follow Me

PAGE TOP