西陣 岡本のブログ

2018年2月14日 The Japan Newsへ掲載いただきました。

2018年2月14日 The Japan News

2018年2月14日のThe Japan News by Yomiuri Shinbun扇形クラッチバッグの掲載をしていただきました。

ありがとうございます。

2018年2月14日 The Japan News

2018年2月14日 The Japan News

Fan-shaped bag

Designed as an accessory for parties, this clutch bag is created from Nishijin-ori kinran brocade, a traditional textile woven from 100 percent pure silk and gold thread, plus enamel-coated goat lather from Italy.
It is created in the shape of a folding fan, an accessory much loved in Japan since ancient times, Nishijin-ori kinran brocade has been prized since time immemorial as a traditional fabric, used for the brocade curtains and altar clothes which provide glorious decoration in Shinto shrines and Buddhist temples in Japan, as well as in the stoles worn by Buddhist monks, the special fabrics prescribed for tea ceremony items and other applications.
Yet its special cham, with a beauty that is both modern and distinctively Japanese, is also highly appealing to modern eyes, and it is now being incorporated into various designs all over the world.
Using only thread of the purest silk, this clutch bag is not only high-quality in appearance but also feel luxurious to the touch.
This is a bag that is sure to beautifully set off any outfit when taken as an accessory to a party or special occasion.
This very special piece is a chance to experience the loveliness of Kyoto’s Nishijin ori brocade tradition.

扇形クラッチバッグ Fan-shaped bag

パーティー用のアクセサリーとしてデザインされたこのクラッチバッグは、100%シルクと金糸で作られました。
伝統的な布地である西陣織金襴と、イタリアのエナメルヤギの革で作られています。
古くから日本で大いに愛されていた扇子の形をしています。
西陣織の金襴は伝統的な織物として古くから愛されてきました。
日本の神社やお寺などで飾られている戸帳や打敷、袈裟、茶道用品やその他の用途に使用される絹織物です。
しかし、現代的で独特の美しさを持つ特別な絹織物は、現代の目にも魅力的で、世界中のさまざまなデザインに組み込む事が可能です。
このクラッチバッグは外観が高品質であるだけでなく、肌触りも豪華です。
これは、パーティーや特別な機会のアクセサリーとして、どんな服装にでも美しく装う事ができるバッグです。
この特別な作品は、京都の西陣織の伝統の美しさを体験するチャンスです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

How to make Nishijin Okamoto Gold & Silk Fabric~SHORT ver

本金紙箔を作る~ LONG ver

箔糸の作り方~ SHORT ver

Google+Follow Me

PAGE TOP