西陣 岡本のブログ

室町寺の内上る お地蔵さん~西陣織屋のお地蔵さん見物

室町寺の内上る 地蔵

こんにちは。京都西陣の金襴織屋岡本織物です。
皆様、京都にはものすごい湿度が襲ってきていますが他地域の皆様いかがお過ごしでしょうか。沖縄は九州は台風8号でえらい大変だとお聞きしています。被害にあわれた方々には何も言える言葉がありません。どうぞお体だけはお気をつけてお過ごしください。

岡本織物、日々金襴を織っています。そして製品となった金襴はあまり見たことがありません。普通の布の織屋さんだったら自分のところの布がファッション等に使われると解ると思うのですが金襴地はお寺の懸想や神社の装飾布になります。高級布の部類なのですぐに桐箱に入れられてしまわれてしまうので一般人の私達は滅多に見ることが出来ません。まさに紺屋の白袴。

と言う事でわれらが金襴がどこに使われているのか見たい!と言う事で金襴のかけられているであろう神社仏閣、そして京都市内各所にあるお地蔵さんを見て歩いています。

見かけた金襴地、我が社の金襴地をカテゴリーに分けていますのでどうぞご覧ください。

神社仏閣がテーマ→https://okamotoorimono.com/category/templeshrine/
道々のお地蔵さんがテーマ→https://okamotoorimono.com/category/jizo/
西陣織金襴を使ったかばん→https://okamotoorimono.com/category/bag/
西陣織、金襴を使った小物→https://okamotoorimono.com/category/hatorlittle/

今日はお地蔵さん見物です。金襴は無かったです・・・。だけど京都市内のお地蔵さんを拝見していますと金襴が無くても楽しくなってきているんです。場所は室町通の寺の内を上ったところのお地蔵さん。広い駐車場ですね。こういうところは昔は町家があったんですよ。なんらかの原因で町家が無くなってしもうて周りがちょっとだけ寂しくなっちゃんたんですね。

室町寺の内上る 地蔵

室町寺の内上る 地蔵

金襴地ではないけれど珍しい。白地に刺繍のおべべを着てはります。

室町寺の内上る 地蔵

室町寺の内上る 地蔵

お地蔵さんもすっぴんさんです。素朴で可愛らしいですね。

室町寺の内上る 地蔵

室町寺の内上る 地蔵

わらで編んだお座布団におっちんしてはります。

室町寺の内上る 地蔵

室町寺の内上る 地蔵

お地蔵さんの横の石碑には「明治34年」の銘があります。台座は新しそうなのでそれ以降の建造かな。

室町寺の内上る 地蔵

室町寺の内上る 地蔵

京都にはお地蔵さんが沢山いはります。見ていると楽しいですよ。どうぞ京都観光の折には道々のお地蔵さんもちらっとごらんになってくださいませ。

さてさて、本業の金襴のお知らせ☆金襴小物などいかがかしら。。金襴を生活に乗せると豪華です。

博多リバレイン2階の福岡デザイナーズショップ「D12(ディーワンツー)」にある「watashi no ohako」(Divalize)様(tel:092-282-1300)に我が社のテーブルランナーを置いて頂いています。

西陣金襴正絹 アフリカ紋様テーブルランナー

西陣金襴 アフリカ紋様

お近くの方、御覧になっていただけたら嬉しいです。

iichi様で販売されてはります。http://www.iichi.com/listing/item/272240?ref=itm_othr-itm-img
どうぞ、ご覧ください。完全手作りなのでリクエストいただければ、イヤリングも可能だそうです。

「はなうちさくら」様 金襴作品

「はなうちさくら」様 金襴作品

受注生産です。「はなうちさくら」様、我が社の金襴を素敵な作品に昇華して頂き、どうもありがとうございます。

我が社で匂い袋も売っています。大事な方への贈り物にぴったりだと思います。正絹と本金箔の織り込まれた小さな宝物をどうぞ☆

全正絹 金沢産本金箔糸引箔 金襴地の匂い袋~淡黄地 千鳥宝尽くし紋様 

匂い袋~淡黄地 千鳥宝尽くし紋様

ご用命の際は是非、ご連絡ください。お待ちしております。

070-6682-4650
mail@okamotoorimono.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

How to make Nishijin Okamoto Gold & Silk Fabric~SHORT ver

本金紙箔を作る~ LONG ver

箔糸の作り方~ SHORT ver

Google+Follow Me

PAGE TOP