西陣 岡本のブログ

葵祭~豪華絢爛平安絵巻~西陣織屋のお祭見物

葵祭 2013

こんにちは。
京都西陣にある金襴織屋の岡本織物です。
金襴と言う「金糸・金箔糸」を多用した豪華絢爛な織物を日々織っています。

今日も京都の豪華絢爛なお祭りのご紹介。今頃、路頭の儀と呼ばれる行列が始まるんじゃないかしら。

祇園祭は京都の庶民のお祭りで、葵祭は貴族(賀茂氏&朝廷)による貴族のためのお祭りです。平安時代以来、賀茂御祖神社と賀茂別雷神社の例祭とし行われてきて、日本の祭のなかでも、数少ない王朝風俗の伝統が残されています。
初期は賀茂祭と呼ばれていましたが、江戸時代(1694年)にお祭が再興されてから人々の衣や冠、牛馬、すべてを葵(賀茂御祖神社と賀茂別雷神社の社紋が葵)の葉で飾るようになりこの名がついたとされます。

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013

お稚児さんたち、がんばって牛車を曳いてね!!かわいい~。幼い子供に赤い服を着せたくなる気持ちもわかるわ~。

葵祭 2013 牛車(ぎっしゃ)

葵祭 2013 牛車(ぎっしゃ)

葵祭 2013 牛車(ぎっしゃ)

葵祭 2013 牛車(ぎっしゃ)

どうぞクリックして画像をUPさせてください。みんな葵の葉をつけていはります。爽やかですよね。

葵祭 2013 牛車(ぎっしゃ)

葵祭 2013 牛車(ぎっしゃ)

葵祭 2013 牛車(ぎっしゃ)

葵祭 2013 牛車(ぎっしゃ)

葵祭 2013 勅使(ちょくし)

葵祭 2013 勅使(ちょくし)

このお祭りの主人公、勅使代さん。源氏物語の中では光源氏も務めたお役目です。ちなみに勅使(ちょくし)とは、皇帝・天皇・王など国の元首が出す使者のことでございます。↓勅使のお馬さん、白馬殿の飾りがかわいいです。

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013

5月といえども暑い日は暑いです。お稚児さんは笠の下に入っていただきましょう。綺麗な金襴地に山吹の花笠にウコン色の男性の装束、赤いお稚児さん。なんて綺麗なんでしょう。

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013

京都御所の南側、建礼門のところの広場。普段はここには「自転車道」という自転車で出来た獣道状の線が一本・・・ありますね。お祭りの時には馴らさないんだ。時々線を消してはるところを見かけるのですが・・・。

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013

金襴地の着物たち。

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013 

葵祭 2013

葵祭 2013 

葵祭 2013

お琴でしょうか。

葵祭 2013 

葵祭 2013

葵祭 2013 

葵祭 2013

足元も、いい感じです。結構歩きやすいとのお話を聞きました。

葵祭 2013 

葵祭 2013

葵祭 2013 

葵祭 2013

葵祭 2013 

葵祭 2013

色々と宝物を持って歩きます。

葵祭 2013 

葵祭 2013

刀入れ。虎・・・?

葵祭 2013 

葵祭 2013

葵祭 2013 

葵祭 2013

葵はこのように烏帽子についています。

葵祭 2013 

葵祭 2013

葵祭 2013 風流傘(ふりゅうがさ)

葵祭 2013 風流傘(ふりゅうがさ)

葵祭 2013 風流傘(ふりゅうがさ)

葵祭 2013 風流傘(ふりゅうがさ)

風流傘の中に男性が4人はいって何かごにょごにょ。4人で満員ですね。

葵祭 2013 

葵祭 2013

葵祭 2013 

葵祭 2013

男性もこの色の組み合わせ。洋服ではなかなかありませんが着物だと無理なく年配の方でも着こなせる色です。素敵。

葵祭 2013 

葵祭 2013

葵祭 2013 風流傘(ふりゅうがさ)

葵祭 2013 風流傘(ふりゅうがさ)

葵祭 2013 

葵祭 2013

葵祭 2013 命婦(みょうぶ)

葵祭 2013 命婦(みょうぶ)

命婦と呼ばれる高級女官。小桂(こうちき)をきてはります。

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013 命婦(みょうぶ)

葵祭 2013 命婦(みょうぶ)

葵祭 2013 女嬬(にょじゅ)

葵祭 2013 女嬬(にょじゅ)

女嬬さんという食事をつかさどる女官さんたち。

葵祭 2013 命婦(みょうぶ)

葵祭 2013 命婦(みょうぶ)

葵祭 2013 女嬬(にょじゅ)

葵祭 2013 女嬬(にょじゅ)

なんて華やかなんでしょう。

葵祭 2013 斎王代

葵祭 2013 斎王代

平安時代には内親王から選ばれた斎王代。現在では市民から未婚の女性が選ばれるので、斎王の代り「斎王代」と称されています。十二単(じゅうにひとえ)の大礼服装を着用し、腰輿(およよ)という輿に乗って下鴨神社、上賀茂神社へ参向しはります。

葵祭 2013 

葵祭 2013

女の子達もかわいおす~。

葵祭 2013 斎王代

葵祭 2013 斎王代

葵祭 2013 女嬬(にょじゅ)

葵祭 2013 女嬬(にょじゅ)

葵祭 2013 女嬬(にょじゅ)

葵祭 2013 女嬬(にょじゅ)

華やかな着物に胸に飾った葵の葉がほんまに「さつき」にぴったりです。

葵祭 2013 女嬬(にょじゅ)

葵祭 2013 女嬬(にょじゅ)

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013 斎王代

葵祭 2013 斎王代

斎王代の姿↑

葵祭 2013 駒女(むなのりおんな)

葵祭 2013 駒女(むなのりおんな)

駒女(むなのりおんな)と呼ばれる女性達。駒は馬のこと。斎王に付きそう巫女(みかんこ)で、騎馬でつきそうので駒女と呼ばれます。

葵祭 2013 駒女(むなのりおんな)

葵祭 2013 駒女(むなのりおんな)

葵祭 2013 駒女(むなのりおんな)

葵祭 2013 駒女(むなのりおんな)

葵祭 2013 駒女(むなのりおんな)

葵祭 2013 駒女(むなのりおんな)

葵祭 2013

葵祭 2013

葵祭 2013 駒女(むなのりおんな)

葵祭 2013 駒女(むなのりおんな)

葵祭 2013 駒女(むなのりおんな)

葵祭 2013 駒女(むなのりおんな)

葵祭 2013 駒女(むなのりおんな)

葵祭 2013 駒女(むなのりおんな)

葵祭 2013 駒女(むなのりおんな)

葵祭 2013 駒女(むなのりおんな)

これでざくっとした葵祭の「路頭の儀(行列)」の説明を終了。ざくっとしすぎでしょうか。
勅使をはじめ平安貴族そのままの姿で京都御所を出発しはります。
総勢500余名、馬36頭、牛4頭、牛車2基、輿(およよ)1台の絢爛豪華な王朝絵巻が下鴨神社、上賀茂神社へ向かいます。この写真は2013年の写真です。

さて、今日の葵祭りはどのようになりますことやら。御来京の皆様、どうぞお楽しみください。鴨川では川床も始まっていますから、お食事は川床というのも楽しいですよ。

 

さてさて、お知らせ☆

博多リバレイン2階の福岡デザイナーズショップ「D12(ディーワンツー)」にある「watashi no ohako」(Divalize)様(tel:092-282-1300)に我が社のテーブルランナーを置いて頂いています。

西陣金襴正絹 羽重紋様テーブルランナー

西陣金襴 羽重紋様テーブルランナー

お近くの方、御覧になっていただけたら嬉しいです。

iichi様で販売されてはります。http://www.iichi.com/listing/item/272240?ref=itm_othr-itm-img
どうぞ、ご覧ください。完全手作りなのでリクエストいただければ、イヤリングも可能だそうです。

「はなうちさくら」様 金襴作品

「はなうちさくら」様 金襴作品

受注生産です。「はなうちさくら」様、我が社の金襴を素敵な作品に昇華して頂き、どうもありがとうございます。

我が社で匂い袋も売っています。大事な方への贈り物にぴったりだと思います。正絹と本金箔の織り込まれた小さな宝物をどうぞ☆

全正絹 金沢産本金箔糸引箔 金襴地の匂い袋~青地 流水千鳥紋様

匂い袋~青地 流水千鳥紋様

ご用命の際は是非、ご連絡ください。お待ちしております。

070-6682-4650

mail@okamotoorimono.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

How to make Nishijin Okamoto Gold & Silk Fabric~SHORT ver

本金紙箔を作る~ LONG ver

箔糸の作り方~ SHORT ver

Google+Follow Me

PAGE TOP