西陣 岡本からのお知らせ

西陣織金襴「光る山」フジエテキスタイルによりアートピースへ

西陣織金襴「光る山」フジエテキスタイル アートパネル

炭酸デザイン室と西陣岡本による「西陣織金襴 光る山」がテキスタイルメーカー「フジエテキスタイル」によりお部屋を彩るアートピースとして販売が開始されました。

西陣織金襴「光る山」フジエテキスタイル アートパネル

西陣織金襴「光る山」フジエテキスタイル アートパネル

西陣織金襴全正絹光る山

  • [光る山 カスミノヤマ]

    光る山 カスミノヤマ

    光る山 カスミノヤマ

  • [光る山 リョウノヤマ]

    光る山 リョウノヤマ

    光る山 リョウノヤマ

  • [光る山 クレナイノヤマ]

    光る山 クレナイノヤマ

    光る山 クレナイノヤマ

「炭酸デザイン室」と「西陣織金襴」のコラボレーションによるアート作品、[光る山]。現代的なデザインと伝統技法が融合し、エキゾチックな煌めきを放つ独創的な作品が生まれました。
京都に伝わる「西陣織」は、美しく染められた色糸を用いて文様を織り上げていく伝統工芸。高度な技法を凝らした精緻な文様と鮮やかな色彩美が魅力で、多品種少量生産される高級絹織物として知られます。なかでも金糸、箔糸を使用する「西陣織金襴」の煌びやかさは格別。浄土信仰が広まった平安時代から「極楽」を表現する絢爛な荘厳具として、神社仏閣の堂内を彩ってきました。

デザインを手がけた「炭酸デザイン室」は、デザイナーの水野智章さん、水野若菜さんによるデザインユニットです。[光る山]のモチーフは、若菜さんの実家である「立木観音 立木山安養寺」(滋賀県大津市)と参道、それを取り巻く立木山の自然。春・夏・秋の三部作からなり、それぞれ緑・紫・赤で季節ごとの立木山の風景が描かれています。生家が寺院のため、西陣織とは浅からぬ縁をもつ若菜さん。金襴の輝きに、立木観音の云われである “光る霊木”を重ねました。ともに1200年の歴史をもつ西陣織と立木観音。作品の神秘的な魅力が、見る者に豊かな情景をもたらします。
炭酸デザイン室の現代的な表現と西陣織の伝統技法が結びつくことによって生み出された新たな創造──その革新性はパリ装飾美術館にも認められ、2018年開催の「ジャポニスムの150年」展に出展されました。
フジエテキスタイルは、反物として誕生した[光る山]を多くの方に鑑賞していただくため、3サイズのテキスタイルアートにしました。受け継がれてきた技術、日本の精神が織り込まれた作品を、ご自宅やオフィスなどのさまざまな空間でお楽しみください。—フジエテキスタイル アートコレクションより

フジエテキスタイルショールーム 東京、オンラインからご覧いただけます。

  • フジエテキスタイルショールーム 東京
  • 東京都渋谷区代々木4-33-10 トーシンビル5F
  • TEL : 03-3378-8925 FAX : 03-3378-8863
  • ネットでの問い合わせ先:問い合わせ
  • 予約が必要です。ご連絡をお願いいたします。

フジエテキスタイルの「よみもの」として記事を書いていただきました。

PAGE TOP