西陣織 金襴 三階菱紋様

水辺の「菱の実」に似ていることので「菱型」と名づけられた「菱」。
菱は繁殖力が強く子孫繁栄の意味があります。
この布を身にまとう方々の家内安全、無病息災を祈っての布地です。

菱紋様は縄文時代にはすでに見られ、武家の台頭により菱を重ねた三階斐菱が生まれてきました。
菱は単純な幾何学文様ですが、それを三回重ねたことで、より重厚な紋様として吉祥紋様になりました。
その伝統紋様をリデザインしました。

経糸の色

デザイン

商品カテゴリ

関連商品

この世にひとつの
西陣織金襴をお手元に

お客さまのお好みや用途に合わせて、デザインのディティールや配色の変更、
また一から新しいデザインをオーダーいただくことも可能です。ご相談ください。

※特注製品については、ロット等の条件がございますのでご了承ください。