西陣 岡本のブログ

仁王門西寺町正往寺町 お地蔵さん~西陣織屋のお地蔵さん見物

仁王門西寺町正往寺町 お地蔵さん

こんにちは。岡本織物です。

我が社は金襴織屋なのですが、金襴は一体どういうところに使われているのか?という興味からお寺やお坊さんを探しています。金襴はお寺の宝物になるものなので普段は中々使われていません。ああ、金襴織屋の紺屋の白袴です。うちの社内以外で金襴を見ることは適わないのだろうか・・・。しかし、社内には仕立てられた金襴製品はあんまり無いのです。布の状態ばかり。仕立てられたものを見たい!
そうだ!お地蔵さんのおべべとして金襴が使われている事があるじゃないか!
ということで私のお地蔵さんウォッチングが始まりました。

始めてみますとお地蔵さんの個性豊かな事。
京都市内には、道のいたるところにお地蔵さんがいはります。町内町内で可愛がられているお地蔵さんがたくさんいはるのです。素晴らしい事ですね。
そのようなお地蔵さんを可能な限り訪ね歩き、私のブログにまとめてあります。

神社仏閣がテーマ→https://okamotoorimono.com/category/templeshrine/
道々のお地蔵さんがテーマ→https://okamotoorimono.com/category/jizo/
西陣織金襴を使ったかばん→https://okamotoorimono.com/category/bag/
西陣織、金襴を使った小物→https://okamotoorimono.com/category/hatorlittle/

今日は仁王門通という強そうな通名のお地蔵さん。東山通りの西側ですが、ここらへんはお寺が沢山あります。鴨川の東側、お寺が沢山集まっているんです。寺町通もお寺が沢山ありますが、寺町よりも沢山ある印象です。仁王門通という名前は沿道にあるお寺、頂妙寺さん仁王門から「仁王門通り」と呼ばれているそうです。1708年の宝永の大火の後の御所拡張によりお寺や町の移転により、鴨川の東にある仁王門通を中心に南北の通が開かれました。その時にお寺が移転されたのかしら。
東山の各種本山にも近いですし、便利でもあったのでしょうね。お寺の間を縫うように民家も沢山あります。お地蔵さんもそんな一角に。

仁王門西寺町正往寺町 お地蔵さん

仁王門西寺町正往寺町 お地蔵さん

格子戸の向こうにお地蔵さん。

仁王門西寺町正往寺町 お地蔵さん

仁王門西寺町正往寺町 お地蔵さん

覗いてみましょう。赤いおべべを着たお地蔵さんです。お帽子もかぶってかわいらしおす。

仁王門西寺町正往寺町 お地蔵さん

仁王門西寺町正往寺町 お地蔵さん

町々により色々なお地蔵さんを見て回っています。かわいいの、かっこよいの、不思議なの色々なお地蔵さんがいはりますが、みんな、時代を重ねた人々の重いが詰まっているようです。若いころには気がつかなかったそんな思いをかすかに感じられるようになり、年を経るっていいな、と思います。

さてさて、わが社の広告を。

博多リバレイン2階の福岡デザイナーズショップ「D12(ディーワンツー)」にある「watashi no ohako」(Divalize)様(tel:092-282-1300)に我が社のテーブルランナーを置いて頂いています。

西陣金襴正絹 羽重紋様テーブルランナー

西陣金襴 羽重紋様テーブルランナー

お近くの方、御覧になっていただけたら嬉しいです。

iichi様で販売されてはります。http://www.iichi.com/listing/item/272240?ref=itm_othr-itm-img
どうぞ、ご覧ください。完全手作りなのでリクエストいただければ、イヤリングも可能だそうです。

「はなうちさくら」様 金襴作品

「はなうちさくら」様 金襴作品

受注生産です。「はなうちさくら」様、我が社の金襴を素敵な作品に昇華して頂き、どうもありがとうございます。

我が社で匂い袋も売っています。大事な方への贈り物にぴったりだと思います。正絹と本金箔の織り込まれた小さな宝物をどうぞ☆

正絹本金 匂い袋~サビ朱地 武田菱宝尽し紋

正絹本金 匂い袋~サビ朱地 武田菱宝尽し紋

ご用命の際は是非、ご連絡ください。お待ちしております。

070-6682-4650

mail@okamotoorimono.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

How to make Nishijin Okamoto Gold & Silk Fabric~SHORT ver

本金紙箔を作る~ LONG ver

箔糸の作り方~ SHORT ver

Google+Follow Me

PAGE TOP