西陣 岡本のブログ

袈裟(けさ)について ミャンマーのお坊様の袈裟の着方。 in西陣

こんにちは。
京都西陣金襴屋の岡本織物のブログを読んでくださる方々どうもありがとうございます。

今朝の我が家の階下の室内気温は29度68パーセントと昨日よりは爽やかに感じ、「これくらいだったら爽やかな朝やなあ」と家族で一安心していました。
しかし、しかしやっぱり猛暑!お日様が上るにつれてものすごく暑くなってきました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
体温より高い気温&この湿度・・・。糸にも影響あるし、織り手さんもしんどい。早く秋になって欲しいです。

さてさて、本題。うちの会社は金襴という裂地(きれぢ)を織っています。金襴とは一体何に使われるのでしょう。

見た事ある人、というか意識している人のほうが少ないと思います。お寺の本堂にかかっている「打敷(うちしき)」「戸帳(とちょう)」や「幡(ばん)」等、お坊さんの着はる「お袈裟(けさ)」等。になります。仏壇の中にも小さな布が飾ってあってそれも「打敷」と呼ばれます。

今日は8月13日。お盆です。
終戦記念日も明後日に迎えるし、お盆やし、何かと亡くなった方々を偲ぶ日が多いです。
京都では16日に五山送り火を迎えますし、ご先祖様を思って手を合わせる事も多いと思います。
お墓参りなどで菩提寺にお参りしたときに機会があれば是非本堂なども見学して金襴を見てみるのも面白いと思います。
ひょっとしたら我が社の金襴かも・・・。

本来なら袈裟とは「糞掃衣(ふんぞうえ)」と呼ばれるものです。
仏教では僧侶になるには出家せねばならなくて、その僧侶は財産になるような自分の物をもってはだめなのです。服も贅沢なものはいけません。なので僧侶はぼろ布になってしまったもの、汚いもの、汚物をぬぐう布=糞掃の布をはぎ合わせて(パッチワークです)大きな布にして身を纏う為の布を作ったのです。

はっきりいってこの袈裟の出来た過程、本来の意味を知ってしまうと私の仕事はなくなります(日本の袈裟は豪華に進化したから。)
一族郎党猛暑の下、路頭に迷います。なので以後忘れましょう。

仏教はチベット・インドから中国を伝って日本に北上して渡ってきました。日本はインドから比べたら寒いです。そして中国に伝わる頃には最初の糞掃衣としての意味はなくなって僧侶だという装飾、地位を表す衣装になってきました。僧侶というのは当時、最高の頭脳陣だったのです。
それが日本に来て更に様々な色、柄、金襴などが使われるようになってそれによって僧侶の位階や特権を象徴するようになって来たのです。服を見たら「この人はこんな地位にいはる」というのが一目瞭然になってきたのですね。江戸時代までは「紫」の色を着るには天皇陛下の許しが必要だったようです。普通の一般の僧は(今でもそうですが)「黒い衣=黒衣(こくえ)」でした。

そういう地盤の下に西陣はいわゆる帯と金襴の二つの「西陣織」を発展させてきたのですね。
帯は約35センチ巾ですが金襴は約70センチ巾です。(丸帯も金襴と同じ巾)

西陣の金襴は、まさに絢爛豪華な布を織り、神社仏閣へ納めてきました。
綺麗です~。

し・か・し!

とても面白いYouTube画像を教えていただいたのでこちらにアップさせていただきます。
これは日本の中でも「羊が好きな人は知っている」京都の「羊の原毛屋スピンハウスポンタ」さんへお泊りにならはったミャンマーのお坊様の袈裟の着方3種です。

私もフェルトなど羊の毛を使ったものが好きなのでたまに覗いています。中々行けませんがワークショップも面白いものをしてはるんです。興味のある方は是非御覧下さい。

おっと!!リニューアルしはりました。「spinnuts」さんという店名にならはりました。心機一転サイトもリニューアルオープン。よりわかりやすく綺麗になってはります。同名「spinnuts」で雑誌を長い事出してはります。スピナッツ83号はフルーツカーヴィングの方が「羊の石鹸」をカーヴィングしはって、その美しい意匠が表紙になっています。その美しさに買いました(読む時間中々無いのに・・・ぼちぼち読んでいます。読むと何か作りたくなるんですよね)。月刊染色αが休刊となってしまった今、染織好きには数少ない好みの雑誌になっているのでは?

さてさて、以下がお坊様の袈裟の着方です。どうぞ!

 

ミャンマーのお坊様の袈裟の着方 かんたんバージョン

 

ミャンマーのお坊様の袈裟の着方 礼装バージョン

 

ミャンマーのお坊様の袈裟 外套のはおり方

 

感動します。すごいでしょ!私もこんな着方をしてみたい!腕が出来る所なんて感動します。
残念ながらうちの袈裟はこんな柔軟な着方は出来ないんです。

一枚の布がこんなに柔軟に変化するなんてとても面白い。

とても暑いのでこんな布のまとい方をしても面白いかもしれません。出来るかな・・・?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

How to make Nishijin Okamoto Gold & Silk Fabric~SHORT ver

本金紙箔を作る~ LONG ver

箔糸の作り方~ SHORT ver

Google+Follow Me

PAGE TOP