西陣 岡本のブログ

南禅寺のお地蔵さん~西陣の金襴織屋のお地蔵さん見物

南禅寺のお地蔵さん

日本の全ての禅寺のなかで最も高い格式をもつ寺、南禅寺。日本最初の勅願禅寺(時の天皇・上皇の発願により、国家鎮護・皇室繁栄などを祈願して創建された祈願寺のこと)であり、京都五山(南禅寺、天龍寺、相国寺、建仁寺、東福寺、万寿寺、鎌倉五山(建長寺、円覚寺、寿福寺、浄智寺、浄妙寺)の一番上におかれる別格扱いの寺院で、三門が有名です。石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな。春の宵は値千両とは、小せえ、小せえ。この五右衛門の目からは、値万両、万々両・・・」という有名な名科白を廻す「楼門五三桐」という歌舞伎の演目が有名。でもほんまはこの三門が建つ前に石川五右衛門は亡くなってはるんですけどね。

秋のよい日に紅葉を拝見しに行って参りました。

2014 南禅寺の紅葉

2014 南禅寺の紅葉

美しいですね。南禅寺初め京都の東山は美しい紅葉を観る事が出来ます。で・も、紅葉を観にいくということは人波を観にいくことと同義語ですから。お気をつけ遊ばせ。

すごい人やけど、紅葉綺麗やわ~と喜んでいますと南禅寺帰雲院付近でお地蔵さんを発見しました。

南禅寺のお地蔵さん

南禅寺のお地蔵さん

「地蔵願王尊」と石碑が建っています。南無をつけて「南無地蔵願王尊(なむじぞうがんのうそん)」にすると地蔵菩薩をたたえる真言になるそうです。

南禅寺のお地蔵さん

南禅寺のお地蔵さん

菅笠をかぶって可愛らしいお姿。

南禅寺のお地蔵さん

南禅寺のお地蔵さん

私はこれだけでは年代などの推測は出来ませんが、いつくらいからいはるんでしょうね。少なくともお顔は磨耗してはります。しかし、法衣は残ってはるなあ。

南禅寺のお地蔵さん

南禅寺のお地蔵さん

ん?ひょっとしたら・・・赤いおべべの下のおべべは亀甲地紋の金襴地なのかもしれません。あまりにも褪色しすぎてて写真では判別不可能です。実際は意見しているときは綿地だと思っていたのですがなんやら化繊の金襴ぽいような・・・。

さてさて、ここで広告を。

博多リバレイン2階の福岡デザイナーズショップ「D12(ディーワンツー)」にある「watashi no ohako」(Divalize)様(tel:092-282-1300)に我が社のテーブルランナーを置いて頂いています。

西陣金襴正絹 羽重紋様テーブルランナー

西陣金襴 羽重紋様テーブルランナー

お近くの方、御覧になっていただけたら嬉しいです。

匂い袋もご覧ください。大事な方への贈り物にぴったりだと思います。正絹と本金箔の織り込まれた小さな宝物をどうぞ☆

匂い袋~紺地 蜀甲華紋紋様

匂い袋~紺地 蜀甲華紋紋様

ご用命の際は是非、ご連絡ください。お待ちしております。

070-6682-4650
mail@okamotoorimono.com

今日の織屋の賄いは金目鯛の開き。蕉のスープ。その他諸々でした。

金目鯛の開き。蕉のスープ。

金目鯛の開き。蕉のスープ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

How to make Nishijin Okamoto Gold & Silk Fabric~SHORT ver

本金紙箔を作る~ LONG ver

箔糸の作り方~ SHORT ver

Google+Follow Me

PAGE TOP