西陣 岡本のブログ

西陣織 正絹 金襴 細胞文様~西陣織屋の織物

西陣織 金襴  細胞紋様

京都西陣金襴屋の〈西陣岡本〉のブログを読んでくださる方々どうもありがとうございます。

私は京都の西陣で西陣織と言う伝統工芸の仕事に携わっています。

西陣織と言えば帯を思い出しますが、弊社の布は「金襴」という分類です。
お坊さんのお袈裟やお寺の本堂や仏壇の中の打敷などの「宗教金襴」という絹織物を織っています。

それらの絹織物を見ていると「伝統って、統べられて伝えられてきたものなんだ」と実感します。
1000年以上愛されてきた文様は美しい、と。

正倉院の文様は普遍的です。美しい。
昔の人が考えたり生活から湧き出てきた柄でしょうが、それが1000年以上愛されてきたのです。生半可なことではそんなに愛されません。

でも何か新しい柄を作りたいなあ。伝統柄を外れた西陣織金襴を織ってみたい・・・。と正倉院文様を見ながら思います。

そこに生物の写真を見ているときに目にした「細胞」の写真。細胞は分裂を繰り返し増えていく。とても不思議な細胞が私たちの体を作っています。とても興味深く、美しい。さっそく紋を起こして、「西陣織 正絹 金襴 細胞」を織りました。

西陣織 正絹 金襴 細胞紋様

西陣金襴 細胞紋様

西陣織 正絹 金襴 細胞紋様

西陣金襴 細胞紋様

西陣織 正絹 金襴 細胞紋様

この金襴で作ってみたものは・・・ハンチング!

全正絹 金襴 細胞文様を使ったハンチング

西陣織 正絹 金襴 細胞文様を使ったハンチング

西陣金襴 細胞紋様&フェイクファー帽子

西陣織 正絹 金襴 細胞紋様&フェイクファー帽子

ハンチングです。ファーとあわせてみました。

この生地は・・・

経糸 正絹
緯糸 正絹
紛金糸、紛金箔糸使用

布巾:約70センチ。
両端に耳と呼ばれる無柄の部分が約8ミリづつあります。
柄のある部分は約68センチです。
丸帯が縫える巾です。

興味ある方は是非ご連絡を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

How to make Nishijin Okamoto Gold & Silk Fabric~SHORT ver

本金紙箔を作る~ LONG ver

箔糸の作り方~ SHORT ver

Google+Follow Me

PAGE TOP