西陣 岡本のブログ

織り・刺繍・編みの違いについて

金糸の刺繍

こんにちは。金襴織屋の岡本です。

布が大好きな者として違和感のあることがたまにあります。

それは、編み物を出展した時に「素敵な織物ね」、織物を出展した時に「これはどうやって編むの?」等という疑問をいただきます。
そして弊社の織物は緯糸が盛大に出ていて(帯地などもそうですね)「これは素敵な刺繍ですね!」等とお褒めをいただきます。

そこで、今日は以下の事について少々語ってみたいと思います。

織り・編み・刺繍は違います。

ここは細かい事のように思えるでしょうが、私にとっては大事なポイント。「布」には沢山の種類がありますが今日はこの3種類について。

織物とは

経糸と緯糸を組み合わせて作った布地の事です 。経糸の密度で雰囲気はだいぶと変わります。

下の図は左から平織り、綾織、朱子織です。白が経糸、黒が緯糸だとお考え下さい。基本の3種類の織物です。

  • 平織りは一番丈夫です。
  • 綾織は強度では平織りには負けますがこの組織にも多々な変化をつけることができて美しい模様を織り上げる事が出来ます。斜文織(杉綾)等世界中で愛されています。
  • 朱子織は強度は弱いですが縦糸が出ている割合が多くなりますので経糸の艶を協調することができます。光沢、艶のある美しい織物が出来ます。サテンや緞子などと呼ばれます。
平織り、綾織、朱子織

平織り、綾織、朱子織

上の組織は弊社で言えば地の組織。弊社の金襴で平織りを使うことがあるとすると夏物かしら。平紗などと言われます。私は美しい朱子を多用する事が多いです。そして特に西陣織のように豪華な布地が刺繍と間違われるのが以下の点です。

写真をご覧下さい。緯糸が地の組織の上に飛び出て紋様を現しています。クリックしていただければupになります。

下の画像の布地の特徴は地の組織が見えているのが紺色の部分。朱子織です。色糸が使われている部分は「浮紋」と言われる技法。緯糸が細い絡み糸で押さえられずに浮いています。浮いているだけではぐさぐさになって安定しないので経糸で所々緯糸を留めています。この浮紋が刺繍と間違われてしまうことが多いのです。よくご覧ください。緯糸は常に一定の方向に走っています。これが織物の特徴です。

全正絹 西陣金襴 羽重ね紋様

全正絹 西陣金襴 羽重ね紋様

下の画像は「沈み紋」といいます。絹糸が浮いてないのがお分かりになると思います。これだと刺繍には間違われませんね。上の画像の方がもこもこしてボリューミーですが使用されている緯糸の量は上の金襴地も下の金襴地も一緒です。

西陣金襴正絹 羽重ね紋様 がま口クラッチバッグ 背面

西陣金襴正絹 羽重ね紋様 がま口クラッチバッグ 背面

織物を織るには「織機」が必要です。布を織るには最低でも経糸をかける場所、綜絖(簡単な平織り等の場合はない場合もあります。絨毯織の機等)、緯糸を巻く杼(これも最新のレピア機などはない場合もあります)が必要。

そして次は刺繍の話

刺繍とは

刺繍でよく使う基本の技法

刺繍でよく使う基本の技法

:出典 草乃しずかの日本刺繍の楽しみ 1997年発行 草乃しずか 株式会社世界文化社

草乃しずかさんの本は素敵。私も刺繍をしたくなります。刺繍の特徴は布地(主に平たくてある程度面積のあるもの)に針と糸で装飾する事です。刺繍は古今東西色々な技法があります。針と糸があれば作れるのです。昔よりより美しいものを求める人たちは強度と美を兼ねた刺繍を施してきました。

下の画像は弊社の家紋。隅切りの橘。解りますでしょうか。金糸を糸で押さえた刺繍が施されています。織物と違うのは糸の目が色々な方向を向いていることです。

下の汕頭刺繍が良くわかりますね。針目が一方だけではなくて色々な方向を向いています。格子柄に刺されているものもあります。美しいですね。刺繍の美しさは色々な方向にさす事で光が分散する美だと思います。

し・か・し、弊社の織物のように(帯などではようあります)浮紋が多用される織物と刺繍が混同されるのはこのような点にあると思うのです。一番の見分け方は織物は緯糸が必ず同じ方向に出ている事。刺繍は多様な方向に出ている事だと思うのです。

次はよく言われる織物を指して「素敵な編み物ですね」という事について編み物が織物ではないと言う事をお伝えします。

編み物とは

棒針編みの基本

棒針編みの基本

:出典 ヴォーグ基礎シリーズ 手編み 昭和55年発行 株式会社日本ヴォーグ社

編み物は指でも編めます。指編みは流行っていますよね。手軽に出来てお子さんでもさくさく編めて楽しいです。代表的なもので、棒針編み、鉤針編み、アフガン編みの3種類があります。棒針編みは2本の針を使います。編み物の一番の特徴は1本の糸で布を作っていくと言う事です。すごいですね。布を織るには最低でも経糸をかける場所、綜絖(簡単な平織り等の場合はない場合もあります。絨毯織の機等)、緯糸を巻く杼(これも最新のレピア機などはない場合もあります)が必要になりますが、編み物は糸が一本あればどうにかなります。

なので編み物に変化をつけるためには糸が重要。綺麗な編み物を編む為に人々は色々な糸を作ってきました。下の画像は私の母が編んだものと私が編んだもの。ウールですがだいぶと風合いが違います。編み方にも色々とあって、それはそれは面白い。

鈎針編みの基本

鈎針編みの基本

:出典 ヴォーグ基礎シリーズ 手編み 昭和55年発行 株式会社日本ヴォーグ社

鉤針編みは先が鉤になった針が一本と糸があればok。鉤針編みも面白いです。

と、言うように布には色々な種類がありますが織物は織物であって、編み物ではなくて弊社の浮紋は刺繍ではないと言う事をお伝えしたくこの記事を書かせていただきました。

 

ちなみに、布地の種類で思いつくものは・・・

織物、編み物、組み物、フェルト、不織布、レース(これもまた技法の多い素敵な布です)かしら。

その布たちが更に古今東西考え抜かれた技法で装飾されたり加工されているので人類に布に対する思いと言う物は素晴らしいと思います。

今日の織屋の賄いはお豆さんに、具沢山お味噌汁。弊社の愛媛出身女子が用意してくれました。

具沢山お味噌汁

具沢山お味噌汁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

How to make Nishijin Okamoto Gold & Silk Fabric~SHORT ver

本金紙箔を作る~ LONG ver

箔糸の作り方~ SHORT ver

Google+Follow Me

PAGE TOP